側弯症矯正装具 シェノーブレース

シェノーブレース3.png

​患者様の体を採型した石膏モデル、寸法、レントゲン写真等をソフトに読み込み設計を行います。

シェノーブレースは、ヨーロッパにおける側彎装具の考え方でDr.Cheneauにより1979年に考案され1999年Dr.Rigoらにより RSC (Rigo System Sheneau Brace)定義が確立された側彎装具です。

プラスチックのみでホールドするので従来の側彎装具に比べると装着しやすいのが特徴で、患者様にも好評いただいております。設計は専用ソフトウェアを用いて石膏モデルのスキャンデータや患者様のレントゲン画像を基にCAD で修正を行います(ミラー方式を用います)。 

修正画面.jpg
装着(前).jpg

装着写真

​前面にベルトがあるので脱着が容易です。

XP比較.jpg

レントゲン写真